英語の音読について解説!【おすすめの参考書も紹介】

2020年3月8日

英語長文の音読を解説

 

この記事によって,

音読ってどんな効果・メリットがあるの?

という疑問にお答えします.

 

記事の内容

  • 音読のデメリット
  • 音読のメリット
  • おすすめの参考書

 

おすすめの参考書を紹介する前に,まずは,音読のデメリット・メリットをお伝えしようと思います.

 

これらを理解することで,今,音読が自分に必要かどうか,判断しやすくなると思います.

 

 

英語の音読におけるデメリット

英語の音読におけるデメリット

 

英語の音読におけるデメリットとして,以下の2つがあげられます.

 

音読におけるデメリット

  • 時間をたくさん使う
  • 音声付きの問題集が必要

 

では,それぞれ詳しく見ていきましょう.

 

その①:時間をたくさん使う

 

長文の音読なので,結構時間を使います

 

英文の音読に慣れてくると,かかる時間を抑えることはできますが,それでも限度はあります.

 

なので,必然的に学習時間が長くなってしまいます

 

しかし,かかる時間以上に,得られる成績の伸びが大きいので,ぜひやっていただきたいです.

 

 

その②:音声付きの参考書が必要

 

よっぽど英語が得意ではない限り,音読はお手本を聞きながらやるべきだと思います.

 

発音アクセントの位置抑揚など,紙に書く学習では得られないことが多くあります.

 

そのため,まずは,お手本を真似することから始めるべきだと思います.

 

 

最近の長文参考書は,音声がついているものが多いです.

 

しかし,中にはついていないものもあるので,音読用の参考書を自分で探す場合は,音声付きのものを選ぶと良いです.

 

 

英語の音読におけるメリット

英語長文の音読におけるメリット

 

英語の音読におけるメリットとして,以下の2つがあげられます.

 

音読におけるメリット

  • 正しく発音できる
  • リスニング力の向上

 

では,それぞれ詳しく見ていきましょう.

 

その①:正しく発音できる

 

お手本を聞くので,英語が正しく発音できるようになります.

 

すると,発音で詰まることが少なくなり,英語1文1文がスラスラ読めるようになります.

 

そのため,読解スピードは上がり,英語はすんなりと頭に入ってくるようになります.

 

 

ちなみに,単語帳の前半に載っているような単語でも,正しく発音できない人は,意外といると思います.

 

自分の周りがそうでした.

 

なので,単語帳の勉強の時から,発音を意識しておくと,長文の音読を楽に進めることができます.

 

・単語の覚え方の概要はこちら→英単語の効率的な覚え方・暗記方法【ポイント:高速周回】

・単語の具体的な覚え方はこちら→英単語帳の使い方を徹底解説【高速周回の実践編】

 

 

その②:リスニング力の向上

 

まず,音読をすることで英語に慣れることができます.

 

デメリットのところであげたような,発音アクセントの位置抑揚などを正しく知ることができます.

 

これがリスニング力の向上につながります

 

例えば,目で見て意味が答えれる英単語でも,正しい発音&アクセントがわかっていないと,耳で聞き取れる可能性は低くなります.

 

音読をすることにより,長文だけでなく,リスニングの点数も上げることが可能です.

 

 

おすすめの音読用参考書

おすすめの英語長文音読用問題集

 

音読におけるデメリットとメリットは理解できましたか?

 

では,お待ちかねの参考書紹介です.

 

おすすめの音読用の参考書はこれ↓です.

 

このポラリスは,精読におすすめの参考書でもあります.

 

音読をする前には,まずは問題を解く必要があります.

 

その際の,ポラリスの使い方は英語長文の精読を解説!【おすすめの問題集も紹介】 の記事で解説しています.

 

精読の記事にて,ポラリスの使い方を3ステップで解説していますが,その3ステップ目が音読に当たります.

 

 

では,音読の仕方を解説していきます.

 

基本は,耳でお手本の音声を聞きながら声に出して追っていきます

 

ポラリスには,音声ダウンロード用のリンクが書いてあります.

 

この時,ただ真似をするだけでは,効果が激減してしまいます,

 

同時に,構文解析&日本語に訳す,ができるようにしましょう.

 

いきなり最初から,同時に全部こなすのは難しいので,まずは,構文解析だけ意識してやってみると良いと思います.

 

構文解析ができなかったら,音声をストップし,解析がされているページに戻り,確認し直すと良いです.

 

慣れてきたら,リアルタイムで頭の中で訳しながら,音読ができるように練習です.

 

頭の中で構文解析ができていたら,訳はすぐにできるようになります.

 

最終的に,音読&構文解析&,が全部同時にできるようになります.

 

もう少し進むと,日本語に訳さなくても読めるようになります.

英語を英語のまま読む,そんな感覚です.

 

ちなみに,ポラリスの最初の方のページに音読の仕方等,解説があります.

 

ここには,1長文,最低30回は音読するように書かれています.

 

また,目標は50回と書かれています.

 

もちろん,僕は50回くらいやりました!

 

ポラリスが,1冊完璧に終わるころには,自分でもわかるくらい,英語の能力が上がっています

 

ぜひ,試してみてください!

 

 

英語音読の効果について解説 まとめ

英語音読の効果について解説 まとめ

 

今回は,英語長文の勉強方法のうち「音読」について,メリット・デメリットと,おすすめの参考書を紹介しました.

まとめると以下の通りになります.

 

音読におけるデメリット

・時間をたくさん使う

・音声付きの問題集が必要

 

音読におけるメリット

・正しく発音できる

・リスニング力の向上

 

おすすめの参考書

・ポラリス1~3

 

英語の「音読」という勉強は,あまり重要視されていないように感じます.

 

実際に,僕もやっていませんでした.

 

しかし,ポラリスと出会い,最初の数ページを読み,「そんなに音読って大事なのかな」と半信半疑でやってみたのが始まりです.

 

ポラリス3が終わるころには,点数が見違えるほど上がっていました

 

この記事を読んでいる方で,音読の効果を疑っている方がいらっしゃったら,だまされたと思って,ポラリスを始めてみてください.

 

最後までやり遂げたころには,英語が得点源の科目になっていることでしょう.

 

 

では,最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

-勉強, 英語, 長文

Copyright© みっちーブログ , 2021 All Rights Reserved.