英語長文の勉強方法を解説!【4つの方法を紹介】

2020年2月28日

英語長文の勉強法を解説!【4つの方法を紹介】

 

この記事によって,

英語の長文はどうやって勉強したら良いの?

という悩みを解決することが出来ます.

 

 

英語長文の勉強方法 4つ

英語長文の勉強方法

英語の長文の勉強方法は,大まかに以下の4つに分けれると思っています.

  • 精読
  • 速読
  • 多読
  • 音読

 

この記事では,各方法について簡単に説明します.

 

それぞれの説明の最後に,より詳しく解説した記事へのリンクを貼っておくので,気になる勉強法があれば,そちらも参照してください!

 

みっちー
では,4つの勉強方法を紹介します.

 

英語長文の勉強方法①:精読

 

精読とは,簡単に言うと,じっくり丁寧に読む方法です.

 

具体的には構文解析,つまりS,V,O,Cを見分けたり,句・節などを意識して読んでいく方法です.

 

文法とかちょっと苦手なんだけど...
そこまで心配する必要はありませんよ!
みっちー

 

文法の勉強をちゃんとしなかった僕でも,(完璧とまでは言い切れませんが),実践できた読み方なので,安心してください

 

 

では,なぜ出来たのかというと,そういう参考書を選んだからです.

 

 

長文の参考書には,大まかに2タイプ存在すると思っています.

  • 解説が丁寧な精読用の参考書
  • 掲載する問題数を重視した多読・速読用の参考書

 

みっちー
精読をする場合は,前者を選べばOK!

 

精読用の参考書は,解説のページで1文1文が構文解析されているため,自分で解析をする苦労がかかりません

 

最終的には,自分である程度,解析できないといけませんが,文法が得意ではない限り,構文解析はハードルが高いと思います.

 

ですので,最初は,解説が丁寧なタイプの参考書を選ぶことをおすすめします.

 

 

英語長文の勉強方法②:速読

 

速読は,その名の通り,速く読むという方法です.

 

ネットで「英語 長文」と検索すると,大抵上位に,

時間が足りなくなるのですが...

といった悩みがあるので,やはり精読だけでなく,速読も必要であることがうかがえます.

 

ただ,やみくもに早く読むだけではよくありません.

 

1文1文を解析する必要はありませんが,文章全体の大意をつかむ必要があります.

 

みっちー
そうしないと,点数が取れません...

 

 

ここで,

みっちーさんは,速読の力を身につけたの?

と質問が来るかもしれませんが,正直,答えは「」です.

 

THE・速読練習,みたいなものは一度もやったことがありません.

 

やっていたのは,英語のテスト勉強法を解説!【中学・高校向け】の記事に書いてあることです.

 

しかし,センター本番の英語では,25分くらい時間が余り,結果は大問3からすべて満点だったので,

みっちー
速く丁寧に読めていたのかな?

とは思います.

 

個人の意見として,結局は「英語慣れ」だと思います.

 

がっつり速読の練習はしなくても,英語に慣れれば早く読める力が勝手に身につく,ということです.

 

 

英語長文の勉強方法③:多読

 

これもその名の通り,たくさん読むという勉強方法になります.

 

精読の話で,2タイプの参考書を上げましたが,多読の場合,後者の「掲載する問題数を重視した参考書」を使えばOKです.

 

このタイプの参考書デメリットは,重要な文しか構文解析がされてない,ことです.

 

一方,問題数が多いという面ではコスパの良い参考書なので,多読に関してはこちらのタイプを使うことをおすすめします.

 

 

勉強方法については,「ひたすら読んで英語に慣れる」というアドバイスになります.

 

これについては,より詳しい記事の方でメリットとして解説しているので,そちらをご覧ください.

 

 

英語長文の勉強方法④:音読

 

え?音読って,いるの?

もし,自分が受験期に「音読」と聞いたら,おそらく同じ反応をしていたと思います.

 

音読...めちゃくちゃ大事です!!
みっちー

 

音読のメリットは「英語慣れ」ができることです.

 

もう少し正確に言うと,「英語独特のリズム」をつかむことが出来ます.

 

リズム」というのは,抑揚強弱の話になります.

 

リズムがつかめるようになると,英語1文1文がとらえやすくなります.

 

例えば,日本語で会話するとき,

  • 同じ音程でロボットみたいに話している人
  • 抑揚や強弱がついている人

どちらが聞き取りやすいですか?

 

みっちー
もちろん後者!

この感覚です.

 

これを身につけることで,長文を解いているときに,英語のリズムが意識できるようになり,読みやすくなります.

 

さらに,リスニング能力も向上します.

 

みっちー
読むのが面倒だと思っても,やるべきですっ!

 

 

英語長文の勉強方法 どれをやるべきか?

英語長文の勉強法はどれをやるべきか?

 

全部やってください!
みっちー

 

勉強の配分は,自分の弱い点と相談しながら決めていただいて問題ないです.

 

  • テスト終了時間に間に合わないなら,速読を重視
  • 長文の内容がしっかり理解できないなら,精読を重視

などなど.

 

ただ,配分はどうであれ,必ずどの方法もやるようにしてください.

 

というのも,例えば,精読ばかりやっていると,本番で簡単な問題が大量に出たときでも精読をしてしまい,時間が足りなくなります.

 

一方,速読ばかりずっとやっていると,精読が必要な難しい文に当たったとき,太刀打ちできません.

 

数学や物理みたいに,難しい問題が解ける人=簡単な問題はすぐ解ける,だと勉強方法は楽に決まるんですけどね...

言語なので,難しいです.

 

ですので,自分と相談して,バランスよく取り組むようにしてください.

 

 

英語長文の勉強方法 まとめ

英語長文の勉強方法 まとめ

 

今回は,英語長文の勉強方法4つを簡単に説明しました.

 

まとめると以下の通りになります.

 

英語長文の勉強方法

・精読

・速読

・多読

・音読

 

この記事で,まずは長文の勉強方法を大まかに把握できたと思います.

 

次のステップは,自分にはどの勉強が必要なのかを把握することです.

 

今まで解いてきた長文を振り返り,しっかり読めていないのか時間が足りないのか,などを確認してください.

 

その後,それぞれのリンクから詳しい記事にとび,各方法についての理解を深めてください!

 

この記事が,自分の長文読解能力を見直す,いい機会になれば幸いです.

 

 

では,最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

-勉強, 英語, 長文

Copyright© みっちーブログ , 2021 All Rights Reserved.