数学は暗記科目?【解法暗記の落とし穴】

2020年3月19日

数学は暗記科目

 

この記事によって,

数学は解法を暗記したほうが良い?

という疑問を解決することができます.

 

 

記事の内容

  • 解法を暗記するメリット
  • 解法を暗記するデメリット
  • 結論

 

 

数学にて解法を暗記するメリット

数学にて解法を暗記するメリット

 

解法を暗記するメリットとして,以下の3つがあげられます.

暗記のメリット

  • 同じ問題なら即答できる
  • 問題集が早く進む
  • 定期テストに強い

 

では,それぞれ詳しく見ていきましょう.

 

 

その①:同じ問題なら即答できる

 

覚えた解法のパターンと同じ問題なら,もちろん即答できます

 

 

もし,問題が単純な計算問題であれば,暗記したものと異なる部分は,数字だけです.

 

なので,パターンさえ覚えておけば,大抵の問題は解けます

 

また,文章のある問題だとしても,ある程度難しい問題ではない限り,点は取れます

 

 

そこそこの難易度までなら,特に困ることはありません

 

 

その②:問題集が早く進む

 

英単語の高速周回の記事を読んでいただけた方は,この意味がすぐ理解できると思います.

 

 

暗記なので,数学の問題集も,似た感じで進めることになります.

 

すると,すぐに問題集を1周することになります.

 

言い換えれば,人よりも早く問題集を進めることができます.

 

なので,問題集がもう1周終わった,という達成感もすぐに味わえることができます.

 

 

その③:定期テストに強い

 

これは,僕の体験談です.

 

定期テストの点数はいつも高かったです.

 

僕の高校では,「ワークのp.○~p.○」と,出る範囲が決まっていました.

 

なので,対象になっている問題の解法を,すべて暗記しました

 

結果,いつも高得点をたたき出していました.

 

 

また,学校の成績は,定期テストの点数が関わっていました.

 

なので,良い成績がとれる,というメリットもあります.

 

 

数学にて解法を暗記するデメリット

数学にて解法を暗記するデメリット

 

解法を暗記するデメリットとして,以下の2つがあげられます.

 

暗記のデメリット

  • 応用が利かない
  • 復習が大変

 

では,それぞれ詳しく見ていきましょう.

 

 

その①:応用が利かない

 

僕は,これで本当に苦しみました.

 

特に,大学2次試験の問題です.

 

センター試験の問題は,見たことがあるような問題が多いです.

 

なので,解法さえ覚えていれば,ある程度の問題は解けます

 

 

しかし,2次試験の問題は,うまくいきません.

 

「難しそうな問題でも,それは簡単な問題の組み合わせ」

という話を,一度は聞いたことがあると思います.

 

そして,

「覚えた解法のパターンを組み合わせれば解ける」

と続きます.

 

しかし,実際は,解けないことが多かったです.

 

 

結果,2次試験の数学の点数は,よくありませんでした.

 

 

暗記しても,一応,多少の応用は利きます

 

しかし,難しい問題にも対応できるようにしたい場合は,解法の完全な暗記はおすすめできません

 

 

その②:復習が大変

 

上っ面だけの暗記の場合,すぐに忘れてしまいます

 

そのため,定期的な復習が必要になります.

 

もちろん,どんな科目でも,定期的な復習は必要です.

 

しかし,解法の暗記なので,記憶に定着させるには,たくさんの復習が必要になります.

 

そのため,精神的にしんどいです.

 

英単語の暗記と解法の暗記,どちらが大変かは,言うまでもないでしょう.

 

もし,解法を根本から理解している場合,復習の機会は少なく済みます.

 

また,仮に解法を忘れたとしても,軽く復習すれば,すぐに思い出せます.

 

 

一方,上っ面だけの暗記では,軽い復習では,すぐに思い出せません.

 

なので,忘れないためにも,ある程度,高い頻度で復習をする必要がでてきます.

 

 

数学にて解法は暗記するべき?

数学にて解法は暗記するべき

 

ここまで読んでくださった方なら,僕が出す結論は何となく予想がつくと思います.

 

結論,

「暗記をするなら,根本を理解したうえで,暗記をすること

 

根本を理解しないで,ひたすら暗記する方法は,おすすめしません.

 

これも,僕の経験談になりますが,初見の問題や,応用問題の正答率が悪く,苦労します

 

僕と同じ経験をしてほしくないので,解法だけをひたすら暗記している方は,まずは根本を理解するように努めてください.

 

ちなみに,暗記だけしているけど応用問題も普通に解けるよ,という方は,すでに根本が理解できているのだと思います.

 

僕と同じように,上っ面だけの暗記をしていて,模試のような,定期テスト以外のテストで点数が悪い方は,気を付けてみてください.

 

 

数学は暗記科目か まとめ

 

今回は,数学にて解法を暗記するメリット・デメリットを紹介しました.

まとめると以下の通りになります.

 

解法を暗記するメリット

・同じ問題なら即答できる

・問題集が早く進む

・定期テストに強い

 

解法を暗記するデメリット

・応用が利かない

・復習が大変

 

結論

・まずは,根本の理解が大切

・その後に暗記

 

 

この話は,数学に限らず,物理に関しても言えます.

 

一時期,物理で伸び悩んでました.

 

たまたま,知り合いにとある参考書を進められたので,1周したのですが,世界が変わりました(笑).

 

その参考書は,すごい基本に立ち返ったもので,根本の理解の手助けになっていました.

 

結局,その参考書は1周しかしていませんが,それでも,他の問題にも対応できるようになりました

 

結果,点数は一気に上がりました

 

時期的に,これを数学に活かせなかったので残念でした.

 

これ以来,根本を理解することの大切さを,身に染みて感じています.

 

繰り返しにはなりますが,上っ面の暗記に頼っている人は,一度基本に立ち返ってみることをおすすめします.

 

 

では,最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

この記事が,過去の僕と同じ状況にいる方の助けになれば幸いです.

 

 

-勉強, 数学

Copyright© みっちーブログ , 2021 All Rights Reserved.