英語長文ポラリス123の特徴やおすすめポイントなどを解説!

2020年5月11日

英語長文ポラリスについて解説

 

この記事では,大学入試用の英語問題集である,「英語長文 ポラリス」について解説していきます.

 

この記事が,英語の問題集選びの参考になれば幸いです!

 

 

ポラリスとは

 

まず,ポラリスは,正式には「大学入試問題集 関正生の英語長文ポラリス」といいます.

 

関正生先生という,とっても有名な英語の先生が出した,大学入試用の問題集です.

 

みっちー
スタディサプリのCMでよく見ますよね!

 

 

 

では,このポラリスの特徴を見ていきます.

 

 

対象レベル

 

この英語長文ポラリスは,全部で3種類あり,問題のレベルで分けられています.

 

  • 標準レベル
  • 応用レベル
  • 発展レベル

 

具体的には,以下のようにレベルが設定されています.

 

標準レベル

中堅私立大(成城・成蹊・獨協・明治学院・西南など)

※センターレベルから,それより少し上のレベル

応用レベル

GMARCH・東京理科大・関関同立・地方国公立大学

発展レベル

早慶上智・難関国立大学(一橋・東工大・北海道・東北・名古屋・大阪・九州・

お茶の水・首都大学東京・筑波・横浜国立など)

※本書より引用

 

みっちー
標準レベルは,応用レベルは,発展レベルは,で覚えてください!

 

この三冊を完璧にすれば,高い大学まで目指せることがわかりますね.

 

収録長文

 

ポラリス1~3には,それぞれ12個の長文が収録されています.

 

各ポラリスに掲載されている長文の語数は,以下のようになっています.

 

  1. 標準レベル:約200~900語
  2. 応用レベル:約500~1000語
  3. 発展レベル:約600~1200語

 

当然,短くても難しい長文があれば,長くても読みやすい長文があります.

 

それも考慮されてレベルごとに分けられているので,語数は特に気にする必要はないと思います

 

 

ポラリスのおすすめポイント

ポラリスのおすすめポイント

 

ポラリスのおすすめポイントとして,以下の5つがあげられます.

 

ポラリスのおすすめポイント

  • すべての文に構文解析付き
  • テーマを網羅
  • 音声ファイルがダウンロードできる
  • 音読用のページがある
  • 関先生の分析コメント付き

 

では,それぞれ詳しく見ていきましょう.

 

 

その①:すべての文に構文解析付き

 

ポラリスでは,各長文の1文1文に構文解析がついています.

 

みっちー
S,V,O,Cとか,句・節,とかですね!

 

普通の長文問題集にも,もちろん構文解析は載っていますが,すべての文には載っていないことが多いです.

 

その点,ポラリスではすべての文が丁寧に解説されているので,文法が苦手な方でもとっつきやすいです!

 

 

その②:テーマを網羅

 

ポラリスには,以下の10テーマの長文が掲載されています.

 

取り扱いテーマ

・移民問題

・宇宙

・男女

・生物

・健康,医療

・社会問題

・情報化社会

・創造力

・コミュニケーション

・教育

 

各テーマの長文を一度でも解いておくことは,入試において大きな強みとなります.

 

 

例えば,生物のテーマなら「reptile」という単語がよくでてきます.

 

しかし,この単語,大学入試全体の中では頻度が低いので,単語帳に載っていることがあまりありません.

 

このように,各テーマには出がちな単語があります.

 

それに一度触れておくだけで,次解くときに大きな助けとなります.

 

ポラリス1冊で,10テーマを網羅できるのは大きな魅力です.

 

 

その③:音声ファイルがダウンロードできる

 

ポラリスに収録されている英文の,MP3形式の音声ファイルをダウンロードすることができます

 

音声はネイティブスピーカーにより読み上げられているものです.

 

 

英語の長文は,一度解いただけで終わらせるのはとてももったいないです.

 

定期的な復習をすることで,英語のスキルは上がっていきます.

 

この時,音読をすると良いのですが,それにはお手本がないといけませんよね.

 

ダウンロードした音声ファイルを使って音読をすることで,復習の効果は劇的に変わりますよ!

 

 

その④:音読用のページがある

 

みっちー
これ意外と大事なんですよ!

 

長文を解くとき,もしくは答え合わせの時,長文に書き込みをする方がいると思います.

 

もちろん書き込むこと自体には,何も問題はないのですが...

 

その長文を音読するとき,どうしますか?

 

 

例えば,文構造の書き込みがあると,音読するとき,それが日本語訳のヒントになってしまいます.

 

まして,単語の意味を,単語の上や下に書いていては,ほとんど答えが書いてあるようなものです.

 

なので,僕は,長文を解く前に,書き込み用のコピーを取っておくのですが...

ポラリスの場合,そんな面倒なことをする必要がなくなります.

 

ポラリスには,音読用に英語のみが書いてあるページがあり,ここで音読の練習をすることができます.

 

みっちー
わざわざコピーをする必要がなくなるのは,とってもありがたいです!

 

 

その⑤:関先生の分析コメント付き

 

各長文の解説の前に,「この英文を読む意義」というミニコーナーが設けられています.

 

ここには,関先生による各テーマに関する分析が書かれています.

 

例えば,

  • このテーマでよく出る単語の話
  • こういったテーマの長文は最近増えてきている

などなど.

 

構文や単語に関する解説は,どの問題集にも載っていますが,テーマ自体に関する解説はなかなか載っていないと思います.

 

特に,大学入試目的でこの本を使う方には,とても参考になるコーナーです.

 

 

ポラリスの欠点

ポラリスの欠点

 

みっちー
...正直,見当たりませんでした(笑)

 

Twitter等で調べてみたところ,

音声のスピードが遅い・速い

という不満が見つかりました.

 

確かに,問題集によっては,2種類のスピードを提供しているものもあります.

 

が,これに関しては,ポラリスに

音声のスピードは「受験生が入試本番で長文を読む理想のスピード」に設定しました.

と書かれています.

 

なので,

  • 速いと感じるならば,もっとたくさん聞きこむべきだと思います.
  • 遅いと感じるならば,もう一つ上のレベルに挑戦すべきだと思います.

 

どうしても音声のスピードを変えたい場合は,速度調整のできるアプリを使えば問題ないと思います.

 

以上より,欠点には含みませんでした.

 

 

ポラリスの使い方

 

ポラリスの最初の方のページに,使い方を書いてくださってるので,ここでは,簡単に紹介します.

 

step
1
問題にチャレンジ

まず,問題を解かないことには何も始まらないので,解きます.

 

step
2
解説をチェック

丁寧な解説がなされているので,間違っていたところだけでなく,合っていたところも解説を読むことをおすすめします.

 

step
3
構文解析をチェック

各文,どのような文構造になっているか,確認してみましょう.

 

step
4
復習する

ここが一番大切です.

ダウンロードした音声を使いながら,音読をしてみましょう.

詳しくは,本書を読んでいただきたいのですが,最低30回,目標は50回は音読してください!

 

みっちー
数だけ見ると大変だとは思いますが,しっかりこなせば,必ず効果がでますよ!

 

英語長文の音読を解説!【おすすめの問題集も紹介】の記事もぜひチェックしてみてください!

 

 

ポラリス まとめ

ポラリスのまとめ

 

今回は,「大学入試問題集 関正生の英語長文 ポラリス」を紹介しました.

まとめると以下の通りになります.

 

対象レベル

・標準レベル:中堅私立大

※センターレベルから,それより少し上のレベル

・応用レベル:GMARCH・東京理科大・関関同立・地方国公立大学

・発展レベル:早慶上智・難関国立大学

 

収録語数

・標準レベル:約200~900語

・応用レベル:約500~1000語

・発展レベル:約600~1200語

 

おすすめポイント

  • すべての文に構文解析付き
  • テーマを網羅
  • 音声ファイルがダウンロードできる
  • 音読用のページがある
  • 関先生の分析コメント付き

 

他の記事でも何回か書いていますが,ポラリス3冊をしっかりこなせれば,確実に英語のレベルは上達します.

 

さらに,このポラリスの勉強法をマスターすれば,他の問題集にも応用が利くので,自分でも長文の勉強を効率的に進めれるようになります.

 

まずは,自分のレベルに合ったポラリスを選択するところから始めてみましょう!

 

 

また,ポラリスを使ってみると,必ず関先生が気になってくると思います.

 

みっちー
そんな方は,ぜひスタディサプリを利用してみると良いですよ!

 

ポラリスには載っていない,あっと驚く英語の授業がいっぱい受けれます!

 

\今なら14日間の無料体験ができる!/

スタディサプリを受講する

 

 

では,最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

-勉強, 英語, 長文

Copyright© みっちーブログ , 2021 All Rights Reserved.