授業中に内職はすべき!【時間は効率的に使う!】

2020年4月5日

 

授業中に内職する

この言葉を使ったことがありますか?

 

簡単に言うと,授業中に他のことをする,という意味です.

 

遊んでいるのも,勉強しているのも,一応,内職とは言われますが,この記事では,「授業中に,自分で他の勉強をする」という意味で扱います.

 

「内職」には,もちろんデメリットがあるものの,自身の成績を伸ばせるとっても良い勉強方法です.

 

読者の方には,ぜひ内職で成績を伸ばしてほしいので,この記事では内職をすべき授業の条件と共に,メリット・デメリットを紹介していきます.

 

記事の内容

  • 内職をすべき授業の条件
  • 授業中の内職 メリット
  • 授業中の内職 デメリット

 

この記事で,内職の良さが伝われば良いなと思います.

 

 

 

内職をすべき授業の条件

内職をすべき授業の条件

 

まず,内職をすべき授業の条件として,以下の3つがあげられます.

内職をすべき授業の条件

  • 退屈である
  • 自分のペースにあってない
  • 担当の先生が,理解のある,もしくは優しい人

 

その①:退屈である

 

退屈な授業」といっても,いろいろあります.

 

例えば,

  • 教科書を読むだけの授業
  • 先生のやる気がない
  • 面白くない,つまらない

などです.

 

 

特に,教科書を読むだけの授業は,自分で進めるのと何ら変わりません.

 

自分で進めた方が効率的なので,内職をすべきだと思います.

 

 

また,面白い,面白くないの基準は,笑えるかどうか,ではありません.

 

とても分かりやすい授業や,興味深いこと,ためになることを教えてくれる授業のことを指します.

 

こういうことがない授業≒教科書を読むだけの授業,とも言えると思います

 

 

その②:自分のペースにあってない

 

ペースにあっていない,と言うのは,「授業が遅すぎる」ということです.

 

「授業が早すぎる」と感じる場合は,自分が理解できてない可能性が高いので,内職をしている場合ではないと思います.

 

単純に先生の授業スピードが速すぎる,という可能性もあります.

 

 

学校の授業はなるべく全員が理解できるように,丁寧に説明が行われます.

 

なので,人によっては,

そこの説明はいいから,早く先に進めて...

と感じるかもしれません.

 

このようなことが頻繁に起こる方は,今すぐ内職を検討すべきだと思います.

 

 

その③:担当の先生が,理解のある,もしくは優しい人

 

絶対条件ではありませんが,できれば,こういう先生の授業で内職を進めたいですよね.

 

優しい先生なら,内職していても怒られる心配がないと思います.

 

 

また,体験談になりますが,僕の高校には,理解のある先生がいました.

 

この先生は,成績が良いなら,内職を認めてくれる,という素敵な先生でした.

 

「理解に時間のかかる子に授業のペースを合わせているから,できる子は先を進めてていいよ」,というスタンスでした.

 

こういう先生がいると良いですよね!

 

と言っても,こういう先生は大抵,授業がわかりやすいので,あまり内職する気になりませんが...(笑)

 

 

授業中に内職をするメリット

授業中の内職 メリット

 

授業中に内職をするメリットとして,以下の2つがあげられれます.

内職をするメリット

  • 効率的に勉強が進めれる
  • 授業中に寝ることが減る

 

その①:効率的に勉強が進めれる

 

これが内職の一番の利点です.

 

 

授業のペースが,自分の理解スピードにあっている,というのは結構まれだと思います.

 

なので,たいていの場合,勉強効率は落ちてしまいます

 

 

自分のペースで,勉強を進めるのが一番効率的なので,素早く成績を上げたいなら内職をすべき,だと思います.

 

 

その②:授業中に寝ることが減る

 

内職をしている,という心持ちは,眠気が起きにくいです.

 

また,その授業の先生が厳しい方だと,ばれないように内職する,というスリルがあるので,ますます,眠たくなることは減ります.

 

なので,長時間集中して勉強を進めることができます.

 

 

授業をうつらうつら聞いているよりは,聞かずに自分で勉強を進めた方が,効率が良かったりします

 

 

 

授業中に内職をするデメリット

授業中に内職をするデメリット

 

授業中に内職をするデメリットとして,以下の2つがあげられれます.

内職をするデメリット

  • 先生が話した内容を聞き逃す
  • 先生に叱られるかも

 

その①:先生が話した内容を聞き逃す

 

内職をしている場合,先生の話のすべてを聞くのは難しいです.

 

なので,先生が話した重要なことなどを,聞き逃す可能性があります

 

 

ただ,問題の上手な解き方などは,大抵,参考書等に書いてあるので,特に気にする必要はないと思います.

 

しかし,「ここをテストに出します」等の発言を聞き逃すと,結構痛いです.

 

友達に教えてもらえば良いだけの話ですが...

 

 

なので,内職をする場合は,聞き逃す覚悟を持っておくべきです.

 

 

その②:先生に叱られるかも

 

先ほど,なるべく優しい先生や理解のある先生の授業が良い,と書きましたが,必ずしもそうはいきません.

 

厳しい先生の授業で,内職をする場合,叱られるという大きなリスクを背負うことになります.

 

こういう先生に限って,教科書を読むだけの授業なので,悲しいです...

 

授業態度が大きく成績に反映される場合は,内職をあきらめた方が良いかもしれません.

 

どうしても内職したい場合は,自己責任でお願いします...

 

 

 

授業中に内職はすべき まとめ

 

今回は,授業中に内職はすべき,について解説しました.

まとめると以下の通りになります.

 

内職をすべき授業の条件

・退屈である

・自分のペースにあってない

・担当の先生が,理解のある,もしくは優しい人

 

授業中に内職をするメリット

・効率的に勉強が進めれる

・授業中に寝ることが減る

 

授業中に内職をするデメリット

・先生が話した内容を聞き逃す

・先生に叱られるかも

 

最後に,一つだけ言っておくと,高校の時,クラスで自分より成績の高い子は,ほぼ全員,内職をしていました

 

やはり,授業スピードが合わなかったのだと思います.

 

自分に合っていないスピードの授業を受けていても,退屈で眠たくなるだけだと思います.

 

なので,まずは,自分の理解と授業スピードを比較し,効率的な勉強になっているのか,を振り返ることから始めることをおすすめします.

 

 

また,授業スピードが遅いからと言って,どんどん先に進めていくと,必ず分からないところが出てきます

 

まだ学校で授業を受けていない範囲は,基本がしっかりしていないことが多く,こういうことはよくあります.

 

そういう時は,やはり授業を聞くのが一番です.

 

それじゃあ,内職できないじゃん...
授業は授業でも,学校の授業ではないですよ!
みっちー

 

例えば,スタディサプリのようなオンライン学習サービスを利用すると,簡単に解決することができます.

 

有名な先生による分かりやすい授業が,定額でどれだけでも受けれるので,内職の大きな助けになります!

 

詳しくは以下の記事で解説しているので,ぜひご覧ください.

スタディサプリ高校・大学受験講座の評判・口コミや料金を調査
スタディサプリ高校・大学受験講座の評判・口コミや料金を調査!

続きを見る

 

 

では,最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

-勉強, 勉強法

Copyright© みっちーブログ , 2021 All Rights Reserved.