【ゲームは勉強になる!?】ゲームをしていても良い成績が取れる理由を解説!

2020年3月27日

ゲームをしていても良い成績が取れる理由

 

この記事では,ゲームをしていても,勉強で良い成績が取れることについて説明します.

 

ただ,注意点として,この記事は,ゲームにもっと依存することを促すものでは,決してないです.

 

あくまで,ゲームを禁止にしなくても,良い成績は取れる,ということを示す記事です.

 

この記事を読んで,よりゲームに依存してしまい,問題が発生したとしても,責任は取れませんのでご了承ください.

 

記事の内容

  • ゲームをしていても,良い成績は取れる!
  • ゲーマーの友人の話
  • なぜ良い成績が取れるのか
  • 最後に

 

 

ゲームをしていても,良い成績は取れる!

ゲームをしていても良い成績が取れる理由

 

まず,自分の話をさせていただきます.

 

僕は小学生の頃から,すでに軽いゲーマーだったと思います.

 

大体,「クラスの中で一番ゲームをやっている子」くらいのレベルです.

 

中学生の頃には, 1日10時間やっているときもありました.

 

これが多いのか少ないのかは,読者の方によると思いますが,確実に,平均よりは多いと思います.

 

 

ところで,成績の方はどうだったのでしょうか.

 

小学生の頃は,数学の模試で県1位を取ったことがあります.

 

中学生の頃は,小学生の時ほど飛びぬけてはいませんでしたが,学年で1位くらいです.

 

定期テストは500点満点の480点くらいだったと思います.

 

 

おそらく,これらの結果から,ゲームをやってても,良い成績が取れていることを,示せたのではないかと思います.

 

 

ゲーマーの友人の話

ゲーマーの友人の話

 

僕の話だけをしていても,僕が特殊だと思われるといけないので,高校の友人の話もさせていただきます.

 

2人紹介しますが,2人とも僕の上位互換です.

 

2人とも,学部問わなかったら,東大受かるんじゃないのかな,くらいのレベルです.

 

他の大学に行きましたが...

 

 

1人は,僕と同じくらいのゲーム依存度で,僕より頭が良かったので,素直に尊敬していました.

 

もう一人は,ちょっと度が過ぎていたと思います(笑)

 

というのも,僕以上にゲーム好きで,学校で隠れてゲームをするくらいでした.

 

なのに,成績は,僕や先ほど紹介した友人よりも上.

 

いったい,どういうことなんだ?って感じでした.

 

どれくらいの成績かというと,高校の全国模試で県1位全国100位とってました.

 

科目は,英数国の3科目でした.

 

僕の小学校の時の県1位とは,レベルが違いますよね(笑).

 

 

ということで,ゲームをしていても,良い成績が取れる人は普通にいる,という紹介でした.

 

 

なぜ良い成績が取れるのか

なぜ良い成績が取れるのか

 

先ほどの友人らと,昔,話をしていた時に出た結論を踏まえて,なぜ良い成績が取れたのか,について書かせていただきます.

 

まず,以下の3点について考えます.

 

  • 頭の回転
  • 記憶力
  • 計算力

 

その①:頭の回転

 

一番,わかりやすいのは謎解きゲームだと思います.

 

謎解きゲームが得意な人は,頭の回転が早かったり,ひらめき力が高かったりします.

 

なので,地頭が鍛えられていたのかな?と思いました.

 

 

その②:記憶力

 

ゲームによっては,いろいろと記憶しておかないといけない要素があります.

 

至る所にちりばめられたヒントは,覚えておかないといけません

 

例えば,意味のない数字列や文字列です.

 

そういう時に,メモをしないタイプだったので,記憶力が鍛えられたのではないでしょうか.

 

 

その③:計算力

 

ゲームが限られてきますが...ダメージ計算などの話です.

 

例えば,与ダメージが,属性や相性で何倍になって,HPがいくつで,といった計算を頭の中でやっていました.

 

これが積み重なって,計算力に結びついたのだと思います.

 

 

 

次に,もっと具体的に,テストの点数につながる要素について考えてみます.

 

以下の3点です.

  • 英単語
  • 歴史上の人物
  • その他諸々の知識

 

その①:英単語

 

これは,正直,すごく役に立ちました.

 

 

横文字がたくさん出てくるようなゲーム,ありますよね?

 

そういうゲームで,出てきた単語が何を意味するのか,調べたことはありますか?

 

大体のゲームは,英語が元なので,それで英単語が覚えられてしまいます.

 

 

例えば,簡単なものなら「ファイア」,もちろん炎の攻撃魔法ですね.

 

ちょっと踏み込めば,「バニッシュ」という魔法があります.

 

英語では「vanish」で,「消える,見えなくなる」といった意味を持ちます.

 

ちなみに,辞書によると「vanish」は,高校3年レベルの単語だそうです.

 

その単語を,下手したら小学生のときに学べているんです!

 

とても良い勉強になっていたと思います.

 

 

その②:歴史上の人物

 

例えば,戦国時代をベースにしたゲームがありますよね.

 

僕は,社会科目が好きではないのですが,戦国武将がでてくるアクションゲームは好きでした.

 

 

まず,もちろん,戦国武将の名前は覚えてしまいます.

 

それだけではなく,勉強のやる気も出ます

 

勉強中に知った名前が出てくるのは,とても楽しいからです.

 

武将について,もっと詳しく知ろう,と自分で調べたりするので,より多くの知識がつきます.

 

 

その③:その他諸々の知識

 

例えば,キャラクター名やアイテム名等からも,勉強することができます.

 

 

一番ありがちなのは,ギリシャ神話ではないでしょうか.

 

アポロン,ポセイドン,ハデス,名前を上げるとキリがないです.

 

そこから,自分で調べたりして,神話に詳しくなることもあります.

 

 

高校で,世界史を詳しく勉強していないので,わかりませんが,ギリシャ神話も出てくるようですよ!

 

教科書に載っていない知識まで知ることが出来るのは,魅力的です!

 

 

最後に...

最後に...

 

1つ注意点として,「たくさんゲームをやっている人→成績が良い」という考えは,持たない方が良いです.

 

というより,普通はです.

 

たくさんゲームをやると,もちろん勉強時間が減ってしまうので,成績はよくない人が多いです.

 

 

先日,香川県の「ゲームは1日60分」の条例が成立しましたよね.

 

それくらい,ゲームの依存は問題視されているのです.

 

 

じゃあ,なんで3人は成績が良かったの?

 

 

僕の結論は,以下の通りです.

 

いろいろなゲームに手を出していたから!

 

ゲームを長時間やる人は,主に2種類に分類されると思います.

 

  • 同じゲームを何百,何千時間もやる
  • たくさんの種類のゲームに手をだす.

 

このうち,後者の方が,圧倒的に,様々な知識を得やすいです.

 

僕と友人2人は,共通して,たくさんの種類のゲームに触れていました.

 

戦国時代のゲームにも,パズルゲームにも,もちろん,アクションやRPGも.

 

知識の幅が広がると同時に,いろんな頭の使い方をしていたことが良かったのだと思います.

 

 

また,もう一つ大切なのが,「なるべく頭を使おうとする」ことだと思います.

 

最近のゲームは,小さい子でもクリアができるように,配慮がされています.

 

そのため,特に頭を使わなくても,ゴリ押しでクリアできてしまうものが多いような気がします.

 

なので,例えば,効率を意識してみたり,圧倒的な勝利を目指してみたり,頭を使うことをおすすめします.

 

ちなみに,わかりやすい例が,「ファイアーエムブレム」だと思います.

昔の作品は,キャラが死んだら,生き返らなかったので,なるべく死なせないように,考える必要がありました.

 

 

ゲームをしていても良い成績は取れる まとめ

 

今回は,ゲームをしていても良い成績が取れる理由,を紹介しました.

まとめると以下の通りになります.

 

頭に良かった理由

・頭の回転の早さが鍛えられる

・記憶力が鍛えられる

・計算力が鍛えられる

 

身についた知識

・英単語

・歴史上の人物

・その他諸々

 

最後に,もう一度,注意点を述べます.

 

ゲームをたくさんしたからと言って,成績が上がる保証はありません

 

ゲームをたくさんしていたから成績が上がったのではなく,成績が上がった理由を考えた時,その理由の中にゲームが入っていただけです.

 

つまり,こういうことです↓

ゲームをたくさんしても成績が上がるわけではない

そこを勘違いしないようにしてください.

 

 

ただ,ゲームを完全にやめることができない人でも,やり方によっては,頭の良さや知識につなげることができる,という可能性は示せたと思います.

 

一度,自分のプレイスタイルを振り返ってみると,良い発見があるかもしれませんよ!

 

 

では,最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

-勉強, 勉強法

Copyright© みっちーブログ , 2021 All Rights Reserved.