TOEICには「英単語ターゲット1100」がおすすめ!【2020年最新版】

2020年4月10日

英単語ターゲット1100

 

この記事では,TOEIC L&Rテスト向けの英単語帳である,「英単語ターゲット 1100」について解説していきます.

 

この記事が,英単語帳選びの参考になれば幸いです!

 

 

 

英単語ターゲット1100とは

 

まず,英単語ターゲット1100とは,正式には「TOEIC L&Rテスト 英単語ターゲット1100」という名前の英単語帳です.

 

この単語帳の出版社である旺文社は,「ターゲット」シリーズと呼ばれる,大学受験生に向けた英単語帳で有名です.

 

その旺文社が,今回,大学受験生ではなく,「TOEIC受験生」向けのターゲットを新発売しました.

 

それが,「英単語ターゲット 1100」です!

 


 

 

同じ「ターゲット1100」という名前の,大学受験生向けの単語帳があるので,間違えないように注意してください!青緑色の表紙が目印です.

 

では,このターゲット1100の特徴を見ていきます.

 

 

収録単語数

 

収録単語数は以下の通りになっています.

 

・英単語数 1000語

・英熟語数 100語

 

本のタイトルには「英単語」と書いてありますが,英熟語も100語収録されています.

 

他のTOEIC向けの英単語帳は,1000~1500語くらいが平均なので,妥当もしくは少し少なめだと思います.

 

 

収録されている英単語1000語を,もう少し細かく見ていきます.

 

・470点を目指す単語 200語

・600点を目指す単語 300語

・730点を目指す単語 300語

・860点を目指す単語 200語

 

目標点数別に,200~300の単語が収録されています.

 

600~730点の単語数が多めなので,平均的な人に対応できる単語帳だと思います.

 

 

対象レベル

 

公式サイトによると,500~860点を目指す方が対象のようです.

 

なので,収録されている英単語は,「470~860点を目指す単語」と区分されていました.

 

このことから,990点を目指すような方にはあまり向いていないように思います.

 

 

英単語ターゲット1100 のおすすめポイント

 

ターゲット1100のおすすめポイントとして,以下の7つがあげられます.

ターゲット1100のおすすめポイント

  • TOEIC向けの日本語訳
  • 左側のページのみに英単語
  • 1ページ当たりの単語量が多め
  • 収録単語が網羅的
  • 熟語までカバー
  • 1sectionが100語
  • ターゲットの友が使える

 

では,それぞれ詳しく見ていきましょう.

 

 

その①:TOEIC向けの日本語訳

 

タイトルに「TOEIC L&R」と書いていることもあり,英単語の意味がTOEIC向けに書かれています

 

例えば,「run」という英単語がありますが,この日本語の意味は「続く」と書かれています.

 

「走る」という意味は誰でもわかるので,テストでは問われにくいです.

 

問われる可能性が高いのは「続く」の方なので,こちらが書かれています.

 

 

このように,TOEIC向けに設計がなされています.

 

本の中身は載せれないので,実際にどんな感じで単語が並べられているかは,amazon等のイメージ画像からお願いします.

 

 

その②:左側のページのみに英単語

 

単語帳によっては,左右両方のページに書いてあるものもありますが,個人的には,このようなスタイルの方が,使いやすいと思います.

 

 

例えば,電車などで片手がふさがっているときにも,読みやすいです.

 

また,後から説明しますが,僕の英単語の覚え方だと,両方のページに英語が書いてある場合,ページがめくりにくく,ロスが発生してしまうので,この設計の方がありがたいです.

 

 

その③:1ページ当たりの単語量が多め

 

おおよそ,1ページに9個の単語が載っています.

 

平均的な掲載数と比べると,多いです.

 

なので,ページをめくる回数が少なく,無駄な時間を抑えることができます

 

 

その④:収録単語が網羅的

 

470~860点を目指す人に必要な単語が収録されています.

 

なので,単語帳を頻繁に買い替える必要がありません

 

860点を超えるまでは,この単語帳を使い続けることができます.

 

 

その⑤:熟語までカバー

 

単語帳には,もちろん単語しか載っていないものがあります.

 

その場合,他の熟語帳等で,熟語を補う必要がでてきます

 

しかし,熟語帳を買うとなると,本がもう一冊増えることになるので,やることがいっぱいになり,挫折しやすいです.

 

このターゲットには,100語の熟語が掲載されているので,気軽に熟語の勉強もすることができます.

 

 

その⑥:1sectionが100語

 

1100語が100語単位で区切られているので,1日の目標などが立てやすいです.

 

「今日はsection4~6を進める」や,「明日はsection1~3の復習をする」などと,明確に目標を立てることができます.

 

なので,勉強の計画が立てやすくなります.

 

 

その⑦:ターゲットの友が使える

 

これが,最大のおすすめポイントだと思います.

 

ターゲットシリーズを使ったことがある方はご存知かもしれませんが,ターゲットには「ターゲットの友」という補助アプリがあります.

 

基本無料であり,課金することでアップグレードが可能なのですが,アップグレードしなくても,十分すぎるくらい使えるアプリです.

 

 

詳しくは,後ほど「使い方」の項目で説明します.

 

 

英単語ターゲット1100 の欠点

 

ターゲット1100の欠点として,以下の2つがあげられます.

ターゲット1100の欠点

  • 収録単語が広く浅い
  • 熟語の掲載数が少ない

 

では,それぞれ詳しく見ていきましょう.

 

 

その①:収録単語が広く浅い

 

収録単語数のところでも説明しましたが,掲載されている単語は470~860点のレベルです.

 

単語帳によっては,例えば,「○点以上を目指す人向け」というものがあり,それで1000語程度を収録しているものもあります.

 

それらと比べると,自分が目指す点数に必要な単語数が少なく感じてしまうかもしれません.

 

 

その②:熟語の掲載数が少ない

 

いわゆる「熟語帳」には,平均して1000語ほどの熟語が掲載されています.

 

なので,単純な掲載数で言うと1/10の熟語しか載っていません.

 

なので,熟語もしっかりマスターしたい,という人には物足りないかもしれません.

 

そういう人は,熟語帳を別で購入する必要があると思います.

 

 

英単語ターゲット1100 の使い方

 

英単語ターゲット1100を使いこなすには,まず先ほど紹介したアプリ「ターゲットの友」を同時に使うべきです.

 

iOS版/Android版,どちらもあるので安心してください!

 

 

このアプリには「マイリスニング」と呼ばれる機能があり,これにより英単語の音声を流すことができます.

 

英単語を覚えるとき,最初は耳で発音も確認したほうが頭に残りやすいので,この機能をぜひ使うべきです.

 

 

マイリスニング機能を使うときには,まず,再生パターンを「単語のみ」にすると良いです.

 

マイリスニング機能

 

 

そして,再生し始めたら,一番下の「単語間の空白」と「再生速度」をお好みで調節しましょう.

 

マイリスニング機能

 

 

ターゲット1100の冊子を持ち,単語を目で追いながら,同時に耳で発音も確認すると,すぐに覚えることができます!

 

英単語の効率的な覚え方を,もっと詳しく知りたい方は,英単語帳の使い方を徹底解説【高速周回の実践編】の記事を参考にして下さい.

その記事で使っているのは,ターゲット1900ですが,大半の部分が参考になりますよ!

 

 

英単語ターゲット1100 まとめ

 

今回は,TOEIC向けの英単語帳,「TOEIC L&Rテスト 英単語ターゲット1100」を紹介しました.

まとめると以下の通りになります.

 

収録単語数

・1100語 (単語1000語 + 熟語100語)

 

対象レベル

・470~860点を目指す方

 

おすすめポイント

・TOEIC向けの日本語訳

・左側のページのみに英単語

・1ページ当たりの単語量が多め

・収録単語が網羅的

・熟語までカバー

・1sectionが100語

・ターゲットの友が使える

 

欠点

・収録単語が広く浅い

・熟語の掲載数が少ない

 

ここからは,個人的な感想が入ります.

 

おすすめの英単語帳はいくつかありますが,ターゲットシリーズはトップクラスに入ると思います.

 

その理由は,やはり「ターゲットの友」の存在です.

 

僕の高校時代,音声のスピード調節は,別のアプリを用意し,少し面倒な手順を踏まないとできませんでした.

 

その機能が,公式で用意されているので,無駄な作業時間をゼロにすることができます

 

貴重な勉強時間を削ることなく,勉強に取り掛かることができるのでおすすめです.

 

ターゲットを使ったことがない方は,ぜひ使ってみてください!

 

 

では,最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

-勉強, 英単語, 英語

Copyright© みっちーブログ , 2021 All Rights Reserved.