Twitter APIの申請方法を解説【2022年版】

2020年9月4日

Twitter APIの申請方法を解説【2022年版】

2022/01/13 申請方法を最新版に更新しました。

 

Twitter APIを利用するための「申請」~「APIキー、アクセストークンの取得」まで解説します。

 

 

Twitter APIの利用申請

 

まず、TwitterのDeveloper サイトにアクセスします。

※Microsoft Edgeだと少し余分な作業が入るので、Chromeがおすすめです。

 

APIを申請したいアカウントで、Twitterにログインします。

Twitter ログイン

 

ログインが完了すると、以下のような画面になるので、右上の「Create an app」をクリックします。

developerサイト

 

「Apply」をクリック

applyボタンをクリック

 

以下のように、いくつかの質問に回答します。

few questions to get you Essential access

 

次のページへ進む前に...

もし申請したいTwitterアカウントに電話番号が追加されていない場合、先に追加しておきましょう。

※追加していないと以下のような警告が出て、先へ進めません。

電話番号の警告

 

Twitterアプリから設定画面へ行き、電話番号の追加をします.

電話番号の追加

 

電話番号が追加できたら、もとの画面に戻り、右下の「Next」ボタンをクリックします。

利用規約が表示されるので、これに同意し、申請します.

利用契約への同意

 

アカウントに登録してあるメールアドレスに、メールが送信されます

verify email

 

メールに記載されているURLをクリックし、登録を完了させます。

confirm your email

 

これで申請は終わりです。

 

Twitter APIキーの取得方法

 

Twitterへの投稿やデータの取得にはAPIキーが必要なので取得します。

 

 

先ほど来たメールの「Confirm your email」をクリックすると以下の画面に飛ぶので、適当に「App name」を入力します。

app nameの入力

 

すでに使われている名前は登録できないので注意してください。

 

すると「API key」「API secret key」「Bearer token」が発行されます。

key tokenの取得

 

この3つのキーは、どこかにコピーしておきましょう。

 

コピーが終わったら、右下の「Skip to dashboard」をクリックします。

ちゃんとメモしたか聞かれるので,「Yes,I saved them」をクリックします。

 

 

アクセストークンの取得

 

次に,アクセストークンの取得をします.

...と、その前に、先にApp permissionの設定を変更しましょう。

今のままだと「アプリからはつぶやくことができない」など、制約が大きいため、設定を変更します。

 

先ほどの「Yes,I saved them」をクリックすると以下の画面に飛ぶと思います.

画面の真ん中辺りに,今作ったアプリ名があるので,その右側にある「歯車マーク」をクリックします.

dashboardからsettingへ

 

次に、「User authentication setting」欄にある、「Set up」をクリックします。

user authentication set up

 

以下のような画面になるので、赤枠で囲った部分をクリックし、「OAuth 1.0a」をONにします

oauth1.0aをonに

 

以下のような画面になると思います。

oauth1.0a on後

 

続いて、以下の赤枠で囲った部分を編集していきます。

apppermissions 入力例

 

「App permissions」:「Read and write」に変更

「Callback URL / Redirect URL」:「http://127.0.0.1/」と入力

「Website URL」:「https://twitter.com/(@から始まる自分のアカウント名)」

※例えば、自分(みっちーの研究部屋)の場合、「https://twitter.com/@mitchie_lab」となります。

 

右下の「Save」を押し,次の画面で「Yes」をクリック。permissionsの変更を確定します。

permission変更の確定

 

 

先ほどの画面に戻るので,次は「カギマーク」をクリックします.

カギマークをクリック

 

以下のボタンをクリックし、「Access Token and Secret」を生成します。

AccessTokenのGenerate

 

「Access Token」と「Access Token Secret」が生成されるので、これもどこかにメモしておきます。

AccessTokenが表示される

 

この画面を閉じると、今生成したトークンはもう見れなくなるので,メモをし忘れないようにしてください.

 

メモをせずに閉じてしまった場合は,「Regenerate」ボタンをクリックし,新しいトークンを再生成してください.

 

App permissionsに関する注意点

 

先ほど,App permissionsを「Read」→「Read and Write」に変更した後,アクセストークンを生成しました.

 

この順番は意外と重要なので,注意してください.

 

 

例えば、すでにアクセストークンを取得している状態で,App permissionsを変更したとします.

この場合,permissionの変更は,すでに取得しているアクセストークンには反映されません.

そのため,トークンを再生成する必要があります.

 

permissionを変更する可能性がある方は,頭の片隅に置いておいてください.

 

これで、Twitter API v2を利用できるようになります。

 

※もし自分のnote記事からこのサイトに来てくださった方は、必要な作業はこれで終了ですが、一応以下の補足も読んでいただけると、ありがたいです。
(有料部分に少し関わってくる話なので)

 

Twitter APIに関する補足

2021/11/15、米Twitterより、それまで利用されていたTwitter API v1.1に代わり、「Twitter API v2」が正式にTwitterの主要APIになったことが発表されました。

 

このアップデートに伴い、「アクセスレベル」というものが追加されました。

Twitter API Access Level

 

上記までのAPI申請で獲得できるアクセスレベルは、一番左の「Essential」となります。

普通にAPIを利用する分には、このままで問題ないと思います。

 

しかし、この記事を書いている今現在(2022/01/13)、ネットで「Twitter API python」などと、apiを使ったプログラムの例を探してみると、まだその大半がAPI v1.1を使ったものです。

そして、残念なことに「Essential」では動作しません

 

もしv1.1で作られたプログラムを動かそうと思うと、「Elevated」というアクセスレベルが必要になります。

 

アクセスレベルを「Elevated」にするためには申請が必要なので、その申請の流れを以下で説明します。

~noteから来てくださった方へ~

noteにあるプログラムは「Essential」で動作するので、以降の申請作業は必要ありません。お疲れ様でした!

 

アクセスレベル「Elevated」の申請

 

まず、Dashboardへ行き、以下のように作成したProjectをクリックします。

projectsを選択

 

すると以下の部分に、「Apply for Elevated」というボタンがあるのでここをクリックします。

applyForElevated

 

 

まず、Basic Infoを入力していきます。

BasicInfoの入力

 

次に、各質問に英語で答えていきます。(面倒であればGoogle翻訳等を積極的に使いましょう)

最初は、Twitter APIの利用計画を回答していきます.

利用計画の入力

 

Twitter API v1.1時代よりも確実に申請が通りにくくなったように感じます。詳細までしっかりと書くことをおすすめします。

 

次の質問からは,各質問に「Yes」と答えた場合のみ,回答する必要があります.

「データをどのように分析するか」を回答します。

分析方法の入力

 

RT・いいね・フォロー・DM機能を利用する場合、その「利用計画」を回答します。

各機能の利用計画

※残りの2つは当てはまらないので、パスしました。

 

自分の回答を確認して、問題がなければ次へ進みます。

回答の確認

 

同意して、申請します。

ポリシーへの同意

 

後は申請が通るのを待つだけです。申請が通ると、以下のようにメールが届きます。

Elevated Access Approved

 

先ほども書きましたが、以前よりも申請が通りにくくなっています。(自分も何度か再提出をくらいました...)

再提出メールが来てもめげずに頑張りましょう!

 

では、お疲れ様でした!

-プログラミング

Copyright© みっちーブログ , 2022 All Rights Reserved.