Windowsタスクスケジューラでpythonを実行する方法を解説

Windowsタスクスケジューラでpythonを実行する方法を解説

 

Windows10環境において,タスクスケジューラを用い,pythonプログラムを定期的に実行する方法を解説します.

 

Pythonをインストールしていない方は,以下の記事からどうぞ!

Pythonの環境構築~実行まで解説【Windows版】
Pythonの環境構築~実行まで解説【Windows版】

続きを見る

 

 

タスクの作成

 

最初に,windowsの検索バーで「タスク」などと検索し,タスクスケジューラを起動します.

タスクスケジューラの起動

 

起動したら,「操作」欄にある,「基本タスクの作成」をクリックします.

基本タスクの作成

 

最初に,タスクの名前を設定します.

タスク名の設定

 

次に,いつ実行するか,という「トリガー」を,自分の好みに合わせて設定してください.

トリガーの設定

 

詳細な日時等を設定します.(選択したトリガーによっては,このステップはありません.)

詳細な日時の設定

 

次に,「操作」の設定をします.

Pythonを動かすためには,「プログラムの開始」を選択します.

プログラムの開始を選択

 

次の画面はこのようになると思います.

プログラムの開始

 

各欄,以下のように記入します.

  • プログラム/スクリプト:python.exeのパス
  • 引数の追加:実行するファイル名
  • 開始(オプション):実行するファイルまでのパス

 

それぞれのパスについて,補足説明します.

 

「プログラム/スクリプト」

 

「python.exe」がどこにインストールされているのか,以下の方法で探します.

 

まず,コマンドプロンプトを開き,以下のコマンドを実行します.

py --list-paths

 

すると,以下のように,「python.exe」までのパスが表示されるので,「C:\........\python.exe」までをコピーし,「プログラム/スクリプト」の場所に貼り付けます.

pythonのインストール先

 

「*」マークは必要ありません.また,コマンドプロンプト上では右クリックが効かないので,「Ctrl + C」でコピーします.

 

引数の追加

 

ここには,自分が実行したいpythonファイルの名前(最後が「.py」で終わる)を入力します.

 

開始(オプション)

 

ここには,「引数の追加」で入力したファイルがある場所を指定します.

 

まず,エクスプローラーを開き,自分が実行したいpythonのファイルまでたどります.

次に,ファイル名の上で右クリックをし,一番下にある「プロパティ」を開きます.

プロパティを選択

 

以下の場所に,ファイルまでのパスが表示されているので,これをコピーして貼り付けます.

pythonファイルのプロパティ

 

 

最終的に,こんな感じになります.

プログラムの開始の入力例

 

最後に完了画面が出るので,下のチェックボックスにチェックを打ち「完了」をクリックします.

タスクの最終確認

 

以上で終わりですが...
このままだとパソコンがスリープ状態の場合,指定の時刻にプログラムを実行してくれないので,設定を少しいじります.

 

 

チェックボックスを打ったことでダイアログが開いたと思います.

まず「全般」タブの,「ユーザーがログオンしているかどうかに関わらず実行する」にチェックを打ちます.

ユーザーがログオンしているかどうかに関わらず実行

 

次に,「条件」タブの「タスクを実行するためにスリープを解除する」にチェックを入れます.

タスクを実行するためにスリープを解除

 

任意で,その上にある「コンピュータをAC電源で使用している場合のみタスクを開始する」のチェックを外しておきます.

 

「OK」を押した後,パスワードを入力して終了…と思いきや,もう一つだけ設定が残っています.

 

 

コントロールパネルを開き,「ハードウェアとサウンド」を開きます.

ハードウェアとサウンド

 

「電源オプション」の「電源プランの編集」を開きます.

電源オプション

 

 

「詳細な電源設定の変更」をクリックします.

詳細な電源設定の変更

 

以下の「スリープ解除タイマーの許可」を「有効」にします.

スリーブ解除タイマーの許可

 

 

これで,パソコンがスリープ状態でも,指定時刻にプログラムを実行してくれます.

 

補足:タスクのプロパティを開く方法

 

「基本タスクの生成」の最後に,チェックボックスを打ち忘れた方のために,タスクのプロパティを開く方法を書いておきます.

 

まず,左の欄の「タスク スケジューラ ライブラリ」を選択します.

タスクスケジューラライブラリ

 

すると,ずらっとタスクが出てくるので,ここから自分が作成したタスクを探します.

タスク名をダブルクリックをすることで,プロパティが開けます.

タスク一覧

 

 

以上で,全工程終了です.お疲れ様でした!

-プログラミング

Copyright© みっちーブログ , 2021 All Rights Reserved.